目元の乾燥、くすみ・ごわつき等の原因を、イキテルローションで対策

目元のシワ、くすみ等の原因を、イキテルローションの乳酸菌で予防する


イキテルローションは、ヤクルトの生きている乳酸菌がお肌の奥まで浸透して、プルプルの潤いの肌へと導きます。

目もとや口もとのクスミ・ごわつき、ハリ不足、小じわなど、お肌の悩みにアプローチします。

あなたは、混合肌!?


こんな症状があれば、混合肌です。


  • 目もと・口もと・ほおなどのUゾーンは乾燥しているのに、額・鼻・あごのTゾーンは脂っぽい
  • 洗顔後、部分的につっぱる
  • 額・鼻・あごのTゾーンだけ化粧くずれしやすい
  • キメが乱れていて毛穴が目立つ
  • 部分的にニキビや肌あれをくり返す

混合肌は加齢や、空気の乾燥、ストレス、生理前後や季節の変わり目などのホルモンバランスのくずれにより、肌が乾燥すると、水分量と皮脂とのバランスをくずしてしまい、部分的に皮脂が過剰になってしまうことがあります。

そのため、乾燥するのに部分的にべたつく「混合肌」になってしまうのです。

混合肌の原因は「うるおい不足」なのです。

そこで、ヤクリトの乳酸菌研究から生まれた潤いコスメ、ikitel「イキテル」ローションが誕生しました。  

乳酸菌生まれの保湿成分で肌をしっかりうるおします。

実は肌の悩みの多くは、乾燥が原因なのです。

混合肌、毛穴、カサつき、ベタつき、化粧ノリ、ハリ不足 など...

肌の悩みは人によってさまざまですが、さらに季節や年齢にも左右され、とっても複雑なのです。

↓↓ ヤクルトの乳酸菌技術がしっかりうるおす化粧水「ikitel」  ↓↓



「イキテル」ローションは保湿化粧水

乳酸菌により、保湿効果の高い美肌成分を発見!!


ヤクルトは乳酸菌研究の過程で、肌になじみやすく保湿性の高い美肌成分を発見しました。

当時、ヤクルトの瓶を洗う作業をしていた人の手が、水仕事であるにもかかわらず滑らかだったことに気づきました。

「もしかして乳酸菌はおなかだけでなく、肌にも良いのでは?」と成分を調べはじめた事が「ikitel」誕生のきっかになったのです。

「イキテル」ローション」は、ヤクルトからできた乳酸菌の“チカラ”が集結した感動の、保湿化粧水なのです。


乳酸菌の保湿成分

ヤクルト「イキテル」ローション 乳酸菌の保湿成分

「イキテル」は、乳酸菌由来の3つ保湿成分が配合され、潤いを高めています。


乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)

「乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)」は、肌本来のうるおい成分である天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor)と同じ性質のため、高い保湿性を与えます。



高分子ヒアルロン酸

乳酸菌由来の「高分子ヒアルロン酸」は、分子量が大きく、より高い水分保持力を備えているため、肌をしっとりさせるはたらきがあります。


ビフィズス菌はっ酵エキス(大豆)

豆乳をビフィズス菌ではっ酵させてつくる「ビフィズス菌はっ酵エキス(大豆)」には、皮膚内のヒアルロン酸のはたらきをサポートし、肌にハリと弾力を与える効果が期待できます。


植物由来の保湿成分

そのほかにも植物から抽出したローズマリーエキス、オクラエキス、ボタンエキス等、数種のエキス(保湿成分)を配合。

肌本来が持つチカラを助けることで、ハリ感のあるみずみずしい素肌に導きます。




目元の乾燥、くすみ・ごわつき等の原因を、イキテルローションで対策

ヤクルト「ikitel」ローションは、しっかり保湿、毎日続けてほしいから、
配合成分にもこだわりました。


成分は…

【パラベンフリー】 【無香料】 【無着色】 【弱酸性】

気になる成分は全てカットし、肌のpHに近い弱酸性の物だけで。。。

しっかり保湿で肌本来が持つチカラを助け、ハリのあるみずみずしい素肌へと導きます。


イキテルローション口コミ情報・評判など

  • 乾燥する時期なので「イキテル」ローションをたっぷり使っていたら、少なくとも顔の乾燥はまったく感じませんでした。
    だから保湿力はすごいのだと思います。
  • おでこや鼻はテカテカなのにほおは乾燥してます…
    混合肌なので、正直どの化粧水を使えば分からなかったのですが、これに変えてから肌の調子がととのってきたような気がします。
    化粧くずれもしにくくなりました。
  • 「イキテル」ローションっを使って2日目くらいから化粧のりが良くなったような気がします。
    仕事仲間から、「どうしたの?化粧のりがすごく良くて透明感があって、肌の色がワンランク明るくなったみたい。化粧品変えたの?」と言われました。
  • はじめて使った日の夜に洗顔したら、いつもと違いほっぺたがツルツルでした。
    勘違いかなと思いましたが、それからでも毎日がツルツル。
    パッケージがとてもかわいかったので若い人向きなのかなと思いましたが、40代の私にも合うんだなぁと嬉しく思いました。
    保湿力はあるのに肌がサラッとしていて、夫や子どもにも使えて、とても好評でした。

乳酸菌研究から生まれたコスメ、ヤクルト「イキテル」




ヤクルトのイキテルローション

混合肌とは

肌質によって、引き起こされる肌のトラブルは様々です。

混合肌の人の中には自分が乾燥肌や脂性肌だと思い込んで、片寄ったスキンケアをする人が多く見られます。

混合肌は肌の状態を部分ごとに見極めて、適したスキンケアをすることで健康な肌を保つことができます。

洗顔の方法は、オイリーな部分は気持ち念入りに、乾燥がちな部分はサッと済ませるようにしましょう。

乾燥が激しい部分には洗顔フォームを使用しない、といったように使い分けが大切です。

洗顔後の基礎化粧品でのスキンケアも部分部分にあわせたケアをすることが欠かせませんが、特に化粧水は重要です。

肌の乾燥具合にかかわらず、化粧水は顔の全体に使用、たっぷりと手にとって指の腹や手のひらで念入りに肌に馴染ませてください。

たっぷりと水分を補給した後は、乾燥しやすいUゾーン・目元口元に美容液を使用していきましょう。

混合肌のスキンケアのコツは、「オーダーメイド」。

ヤクルト「イキテル」ローションなら、乳酸菌由来の保湿成分増量、しかも乳酸菌のチカラで、角質層までしっかりとうるおす化粧水は、うるうる・しっとり感がさらにアップします。

お手入れのたびに素肌に元気をチャージしていくような、フレッシュでみずみずしい使い心地を実感できます。


乳酸菌研究から生まれたコスメ、ikitel(イキテル)は、
乾燥しがちな洗顔後の肌を透明感のあるみずみずしい肌へと導きます。



年齢肌の原因は「うるおい不足」

老けた印象になりがちな、小ジワやお肌のクスミ。

潤い不足は、お肌ハリや弾力に大きく影響します。

20代のの頃と同じスキンケアでは、うるおいが足らない事に・・・。

だから、年齢肌の原因ともなる潤い不足を、乳酸菌のチカラで補い、濃厚なうるおいを保ちます。