冬虫夏草でコレステロール予防

冬虫夏草(とうちゅうかそう)は、バッカク菌科に属する真菌 (キノコ)類の総称で、昆虫に寄生し、中国伝統医学において利用されてきた成分です。
抗がん作用、抗酸化作用、コレステロール低下作用、免疫賦活作用や滋養強壮作用など、生活習慣病の予防効果があると言われています。

有効な成分として各種の多糖類があり、副腎皮質やホルモンの一種の産生を促すとい言われます。
この様な事から、これまでに各種の基礎研究が行われており、冬虫夏草が、免疫系や内分泌系、心臓循環器系、神経系、腎臓泌尿器系などに好影響を与える事がわかってきました。
抗ガン作用として、肺ガン細胞や悪性黒色腫細胞に対する効果が報告されたり、抗糖尿病作用、コレステロール低下作用、肝障害や腎臓障害の改善作用、育毛 (毛再生)促進効果なども報告されています。
一般に、有効な成分の性質から、生活習慣病の改善や予防を目的として服用する場合、短期間でその効果を期待できませんので、継続して利用するとよいでしょう。

冬虫夏草は、中国伝統医学や欧米の代替医療において利用されてきた成分であり、特こ問題となる健康被害や副作用は知られていませんが、他のサプリメントや医薬品との相互作用などについては報告されていませんので、一部の医薬品との相互作用は推測されますので、何らかの医薬品を服用中の場合には、念のため主治医に相談しておく必要があるでしょう。

ホームページ1

ホームページ2




プリエネージュ セブンモイスチャーゲルのスーパー保湿ゲルで、ぷるぷる肌
冬虫夏草でコレステロール予防