コーヒーダイエット


コーヒーに含まれる成分には、脂肪の燃焼を助ける作用があるといわれています。


<。コーヒーダイエットは、飲めば痩せるといったものではありません。/p>

コーヒーを運動する前などに飲んで、効果的に脂肪を減らす事を目的にしています。


コーヒーを運動する前などに飲んで、効果的に脂肪を減らす事を目的にしています。


コーヒーダイエットでは、お風呂に入る前や運動前に、浅く焙煎したコーヒーを、砂糖やミルクを入れずに飲みます。


。脂肪の燃焼を活発にする効果は2〜3時間しか続きませんので、3〜4時間おきにコーヒーを摂取するといいでしょう。


いくらダイエットのためでもコーヒーの飲みすぎは体に負担をかけてしまいますので無理は禁物です。


胃の強さやカフェインへの耐性によって個人差はありますが、1日5杯以上は飲まないようにしましょう。


コーヒーの飲み過ぎは、胃に負荷をかけすぎてしまう可能性があるようです。


代謝促進や、体内に蓄積されている不要な栄養素を効率よく出す作用がコーヒーにはあり、利尿作用の面でも効果が高いとされているようです。


ただし、コーヒーに含有されているカフェインは、貧血予防に役立つ鉄分を吸収しづらくする作用もあるので、気をつけるようにしましょう。


コーヒーダイエットは、お腹に赤ちゃんがいたり乳児がいる時はお勧めできません。


コーヒーダイエットは、ウォーキングやエクササイズなどの軽い運動を取り入れながらダイエットしたいという人向けの方法といえるでしょう。


ホームページ1

ホームページ2




ラサーナ美髪

コーヒーダイエット