口元を美しく見せる


唇は顔の皮膚に比べて角層が非常に薄く、ターンオーバーが速く、汗腺や皮脂腺がほとんどなく皮脂膜やNMFが少ないので角質水分量が少なく乾燥しやすい部位です。


更に、メラニンもほとんどなく、毛もありませんし、とても無防備でデリケートな部分です。


そのためリップクリームや口紅で守ることが大切になります。


口紅は女性にとって昔から関心の高いもののひとつです。


口紅の化粧が始まったのはギリシャ・ローマ時代にさかのぼることができますが、日本でも7世紀には行われていたようです。


江戸時代には紅花から取れる染料を皿に塗ったものが使われていました。


近代的なスティック状口紅は第一次世界大戦の頃に広がってきました。


スティック形状にするためには常温で固体状のカルナウバロウやミッロウのようなワックスと、ヒマシ油、ホホバ油のような液状の油分と包材を混ぜて溶かし、型に入れて冷やして固まらせます。


こうすると油の中でワックスの一局平な結晶がカードハウス状の構造を作り、力が加わると崩れるため、使用性の良い口紅となります。


口元である唇の縦ジワは口紅を付けてもスジができて気になるものですが、横ジワも美しさへの影響が大きいようです。


横ジワは加齢に伴って増え、その増加と唇のふっくら度の低下が相関することから「横ジワが少ないほど美しい」といえるようで、唇の深いシワでも球状のパール剤で目立たなくなります。


カップなどに色移りしにくく色つやが持続する口紅があり、この口紅は唇に塗布する前は均一に混ざっていますが、唇に塗布すると二層に分離します。


そぅして唇側には包材を含んだ密着層ができ、その上に透明な油分が分離して唇につやを与えます。


カップには包材が直接触れないので色移りしにくいのです。


書くと簡単ですが、このような方法は情熱と才能がないとなかなか作れるものではないかもしれません。


ホームページ1

ホームページ2




カロリストン

口元を美しく見せる