酵素不足になる原因

作成 by 漫遊 - -

バラエティ豊かな食材を食卓に並べる事ができる時代でも、不規則がちになる生活リズムで、栄養バランスが崩れているものです。

体内の潜在酵素が不足しがちになるのは、こういう生活習慣が原因となるものです。

 

酵素不足はやっぱり食生活

コンビニ食やインスタント食品、冷凍食品をよく食べてる
一般に、コンビニ弁当やインスタント食品、冷凍食品などには酵素は入っていません。衛生上で冷凍・加熱されて酵素は死滅しているのです。お弁当のサラダも時間が経過しすぎて酸化され、酵素は激減しています。
ご飯やおうどんのような炭水化物を控えている
炭水化物を食べないダイエットもありますが、炭水化物はカラダに必要な3大栄養素です。炭水化物は最初にエネルギーに変換されます。エネルギーが不足すると省エネモードになって基礎代謝を落し、脂肪などが溜まって太りやすい体質になります。カメヤマ酵母太りにくいカラダになるためにも、糖質などの炭水化物を摂取しなければなりません。
ペットボトルのジュースや炭酸飲料、缶コーヒーなどを良く飲む
一部には、実はかなりの量の砂糖、半分の量にもなっているものもあります。砂糖は消化に時間がかかり、大量に消化酵素が使われ、言わば酵素の大敵なのです。しかも悪玉菌を増やして老化を早める活性酸素も発生させますから要注意です。
スナック菓子やスイーツが大好きで
お店で売られているお菓子やスナックは、味を良くするためタップリの添加物がつけられ、脂肪分を含む物も多いものです。砂糖と脂肪は消化で酵素を使う上、その組み合わせも問題です。砂糖を食べることで上がった血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されますが、それによって糖分は脂肪細胞に押し込まれます。そのとき脂肪分が血中にあると、精分と一緒に脂肪も脂肪細胞こ押し込まれ、さらに太ることににもなります。
生野菜やフルーツを食べない日がある
生野菜やフルーツには、酵素がたっぷり含まれています。冷え性で悩む人は「生野菜は体を冷やすので、加熟して食べる」といいますが、加熱すると酵素はゼロになります。酵素は代謝を上げ、結果的に体温を上げます、酵素生活を実践することで冷え性が改善する人が、実は多いのです。
肉や魚は食べない菜食主義
肉や魚(たんばく質)は、筋肉を作る大切な栄養素です。不定すると筋肉が減り、基礎代謝を落とす原因にもなります。たんばく質は体内酵素の原料でもあり、ビタミンB群など、動物性食品にしかない栄養素もあります。魚には良質な脂も含まれており、美肌作りこ欠かせません。

 

酵素不足にならない為には

野菜を食べているから酵素不足にならないと思っている人もいるかもしれません。

酵素は酵素だけでは働けません。

その中でもタンパク質は重要です、タンパク質の一部は酵素の原料になりますから、加熱したものなど、バランスの良い食生活が酵素不足にならない為に重要です。