酵素で健康を維持する、酵素生活

作成 by 漫遊 - -

私たちのカラダは、食べる事によって維持されていますから、栄養などの全ては、食べ物で摂取されます。

そして、食べ物を効率よく吸収する為に大きな役割をしている栄養素が”酵素”です。

ですから、酵素は、カラダにおいては「縁の下の力持ち」的存在なのです。

一般に、普通の生活習慣をしておれば、カラダが必要とする酵素は体内で造られますが、加齢や無理な生活に伴うな食生活では、酵素が不足しがちになり、健康に影響するものです。

健康に不安を感じた時は、酵素不足が原因かもしれません。

いつまでも健康な、酵素生活をするためにも、酵素について見直して見ましょう

 

 

酵素の主要成分はたんばく質です。

タンパク質は、骨格や細胞組織や粘膜粘液の原料になり、炭水化物と脂肪とともに3大栄養素として、私たちの体にとってたいへん重要であることはよく知られています。

環境を感知したり,機械の機能を調節したりするセンサに当たるものも,またたんばく質ででき、必要な生体成分を作り出し,情報を感知し,整理し,精巧な一定の機械のように整然と生命を営めるのは触媒機能性たんばく質,酵素のおかげです。

このように、カラダの健康生活の為に、酵素は大切な役割を果たしています。

一般の酵素の主成分であるたんばく質は、約20種類のアミノ酸が100個以上鎖のように結合した高分子化合物です。

人間の体は、約100兆個 の細胞で構成されているといわ、それぞれ関連して作用しています。

そこで、その作用を促進するのが酵素の大きな役割です。

その為、酵素が不足すると細胞の作用が低下して、カラダは何らかの不調を与えることになってしまいます。

酵素は体内で生成されるのですが、年齢とともに生成作用落ちていきますから、酵素生活を意識するライフスタイルが健康を維持する源になるかもしれません。