美肌を作る酵素パワー

作成 by 漫遊 - -

いきいきとした美人をつくる、酵素の力。

体内に酵素が豊富にあると、生命エネルギーが高まる酵素パワー。

そこで、酵素を効率よく摂取する酵素生活の為には、

酵素は48度以上になると活性を失いますので、野菜など加熱せずに生のまま摂ります。

酵素は体温が37度のときに最もよく働き、ダイエット効果が上がり、更に1日のうちで最も体温が高い午後3時~午後6時の時間帯に食べるのが理想的といわれます。

酵素は食材の皮や芯の部分に多く含まれていますので、皮は捨てない工夫をしましょう。

皮ごとすりおろすことで野菜や果物の細胞が破壊され、食物酵素が外に出て活発に働きだし、活性化された酵素は体内での働きが2~3倍にもなります。ただし、切ったりすりおろした状態の食材は酸化しやすいので 食べる直前に準備します。

酵素パワーは、細胞の新陳代謝を促進し、美肌を作るパワーを強めます。

「かぶ」は体温を温め「酵素の力」を増やします

かぶには、消化酵素のアミラーゼが含まれていて、これが胸焼け・胃もたれを解消し、腸を整えてくれます。

かぶは胃腸を温めて酵素パワーを増やしてくれる食材でもあり、冷えからくる腹痛をおさえる効果もあります。

葉の部分を含め、かぶにはグルコシアネートという辛みのもととなる成分が含まれています。

肝臓の解毒作用を活発にする働きがあり、がん予防にも大変有効だとされています。

かぶの葉には、酵素が多く含まれイライラを抑え、安眠効果も得られるカルシウムや、体内の余分を塩分を排出し、むくみをおさえるカリウムも多く含まれて います。

かぶは、ビタミンDを含む「いわし」などと好相性ですから、「いわしのかぶおろし添え」などの料理で、美肌をつくる酵素を上手に摂取しましょう。